第1話 陶芸家という職業

 陶芸家というと一般的には山にこもって作務依を着、
ヒゲをはやして長髪でそして薪を窯の中にバンバンと投げ込んで、
出てきた作品が気に入らなければバシバシ割ってしまう・・・
というイメージが強い。
しかしながら、そんな絵に書いたような作家は居るには居るが、
ほんの一握りの人で実際大多数の陶芸家は一般の人々となんら変わらず、
普通に生活している人がほとんどだ。

陶芸家という名前はあくまで「自称」である。
別に国家試験に合格しなくてもいい。

会社名は窯に自分の好きな名前を付けて○△□窯とする場合が多い。
だけど、会社みたいに役職名が無い。
ただ○△□窯と言われてもピンとこないので、人々は色々な事で
作家を分類したがるのである。

まずは作品を焼いている地名や種類別・・・
備前焼作家とか九谷焼作家とか萩焼作家など

次にスタイル別・・・
伝統的な作家なのか、前衛的な作家なのか、クラフト的な作家なのか、等々

はたまた、公募展の名前別・・・
日展系の作家とか、女流陶芸作家とか、工芸会系作家、等々

ほかにも色々と分類の方法はあると思うが、個展を開くと
よくこの手の質問が飛んでくる。

私みたいに四日市(万古焼、ばんこやき)で信楽の土を使い、
壷も作ればオブジェも作る。日展にも出品しているけど、
他の公募展にも出品している。ガス窯と電気窯を使い分けていて、
焼〆もやれば絵付けもする作家はどうやって答えれば良いのだろうか?
                              
2000年1月5日
Categories
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM