<< 第52話 元総理の職業 | main | 第50話  ショッカーな作品 >>

第51話  陶芸家の年賀状

  早いものでもう3月の後半である。本当に月日の流れるのは早く、
中年老い易く学成り難しである(爆)

  しかし、この3ヶ月間にちょくちょく私が出した年賀状の話題が、
教室の生徒さん、はたまた個展会場であった。

  今年、私が出した年賀状には家族全員が電動ろくろの前に座り、
作品を作っている写真で構成されていた。それを見た人が、
「いいわね〜!家族で陶芸なんて〜!」とか「さすがに陶芸一家だね〜!」
な〜んて言ってくれるのである。

  しかし、この写真は実は「ヤラセ」なのである。

  実際にろくろがひけるのは私だけで、あとの女房、子供2人はろくろを
しているフリだけなのである。そうなのだ、私の年賀状は嘘八百なのである(^◇^;)

  あはは、ごめんなさい!ちなみに去年の年賀状は家族4人がビートルズになった(爆)

  たかが年賀状、されど年賀状。印刷会社に印刷してもらった年賀状、
しかもありきたりの新年のご挨拶文ではやはり寂しい。
正直その手の年賀状は読む時に右から左といったパターンである。
全然、記憶に残らない。

  一昔前までは手作り年賀状でなければと、筆で書いたり、芋版画、
ゴム版画等で作っていたのだが、年々年賀状を出す数が増えて、
とても手作りとはいかなくなってきた。芋版画なんて20枚分も使えば
ボロボロになってきてとてもじゃないが、非能率的である。

  私の場合、家族全員で約400枚の年賀状を暮れに
郵便局に頼むのであるが、まあ、それが多いか少ないかはわからないけど、
とにかく純粋なる手作り年賀状は無理な状態になった。

  かと言って、つまらない賀状では、陶芸家・・・アーティストの端くれ
として・・・許されない事である。年賀状も作品の一部なのだーーーー!!
(ちょっとカッコつけすぎです)

  ここはやはり、文明の力を借りない手はない。
昨今はパソコンとプリンターがあり、デザインやアイデアさえしっかりやれば、
手作り年賀状にも匹敵する・・いやそれ以上の効力を発揮するのだ。

  つまりはインパクト!記憶に残るような賀状にしたい。ただそれのみである。
先ほどカッコつけて「賀状も作品の一部だ〜!」などと書いたが、
あながち素通りされるのをいやがるのは、年賀状も作品も同じなのである。

  毎年、ある陶芸家から年賀状をいただくが、
「ザ・陶芸家」という年賀状である。その年賀状を見ながら
「やはり陶芸家たるのも、賀状も手を抜いてはいかん」と
年の初めに思わされるのである。

・・・・って「なんだ?この年賀状は???」と言われているかも知れないけど・・・

2004年3月20日
Categories
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM