<< 第40話 売れ筋 | main | 第38話 UFO(物理の法則) >>

第39話 煙草

  今現在、私は愛煙家だ。今現在という言葉を使ったのには訳がある。
いわゆる吸ってない時期もあったからだ。

  学生時代はカッコつけのために吸っていたが、たかだか一日5本くらい
なので吸っているうちには、入らなかった。(映画カサブランカのボギーの影響大)

  23才の頃、ある病気をして長期入院をした事があり、それを機会に煙草
は数年間やめていた。

  作陶生活を続けている間、やはり新しい技法やアイデア等を
生み出すのは、やはりそれなりに神経を使う。もちろん新作だけの悩みなら
まだしも、やはり生活というものもある。始めから陶芸家として
楽に生きていけるはずもなく(今もだが・・・)、ちょっと精神的に
まいった時期があり、精神的からくる特有の病気(・・と言っても
大袈裟な事ではないが)にもかかるようになってしまった。

 その時、昔、煙草をふかしながら、ぼんやりと空を見上げていた頃の
記憶がよみがえり、つい煙草に火をつけてしまった。それが現在では
1日1箱ペースで吸ってしまっている。

  やはり仕事の合間の休憩時の煙草は非常に気分転換になる。
煙草の中にニコチンやタールの影響かも知れないが、とりあえず煙草の火が
消えるまでの3,4分はブレイクできる。お陰様で精神的からくる
体の不調はほとんどなくなってしまった。

  私は38年間生きてきて一番体に悪いのはストレスだと思った。
しかし、ストレスのない人生というのも、またありえない。いかにストレス
を減らすかが問題となる。

  「今日も元気だ!煙草がうまい!」というキャッチコピーが2昔前に
あったけれど、まさしくその通りだと思っている。体調が悪い時には煙草は
確かにうまくない。

  私は煙草を人に推進するつもりはまったくない。まったくないがやめろ
とも言われたくない。煙草を吸ってはいけない場所では吸わない。
ポイ捨てはやらない。人に迷惑にならないようにする。
それだけ守っていれば、煙草もまた人生を楽しくする嗜好品だと
思っている。

  ヘルシーブームや禁煙活動により、煙草を吸う人は年々減少し、
今や喫煙者は犯罪者扱いだ。う〜ん、皆さんすごい!健康管理!

  しかしゆき過ぎる健康への気配りもどうかな?なんて思ってしまう。
お昼の「みのもんた」の番組なんかを見ていると、何が体に良くて
何が悪いか?さっぱりわからなくなってくる。ビタミンはA〜Z?まで
全部満遍なく取らなければいけないみたいだし、これが白血球に良いとか、
これは脳細胞を活発にするとか、この成分は1日に何ミリグラム
摂取した方が良いとか、お風呂の温度は何度で何分間ゆぶねに
入っていなければならないか?とか・・・その事を考えるだけでも
頭が痛くなってくる!

  しかし、健康食品や健康ドリンクだと声高らかに言っている人ほど
ポックリ逝くケースもめずらしくない。あまり健康に対して考え込むと
そのストレスで逝っちゃいますよ!
ストレスが1番の病気の元なんですから!

  何事もほどほどに!酒も煙草もね!    プカプカ!

2001年2月16日
Categories
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM