<< 第27話 陶芸家の女房 | main | 第25話  有名人 >>

第26話   天職

  「いいですね〜、好きな事が仕事でうらやましいです!!」と
よく人に言われる。
用事で人に会う時も、個展会場でも、初めてうちの工房を訪ねてくれる人も、
示し合わせたように同じ風に言われる。

  確かに陶芸は好きだし、それを仕事としている。
実に幸せであると思っている。稀に「天職ですね!」とも言われる。

  しかしながら本当に陶芸家が天職であるかどうかはわからない。
人の命は限られていて、その間に職業を選んでいるわけで後戻りが
できない。だから1000の職種があれば、すべて体験してどれが
自分に1番合うかという具合にはいかないのである。

  それと現時点で「陶芸家が天職だろうか?」と思ってしまうのには
理由がある。公募展に入選しグランプリに輝き、たくさんの賞を頂いてもなお、
「自分は陶芸家に向いていないんじゃないか?」と思う時が正直ある。

  いわゆる、スランプである。この時期に突入すると最悪である。
アイデアにしても考えても、考えても、新しい斬新な発想が湧いてこない。
製作においても、なぜか失敗続きでむしろ寝てた方がまし状態の時がある。
何をやってもうまくいかず、土を見るのも触るのもいやになる。
「あ〜だめだ!向いてないな〜!」と愚痴をこぼしていまうのだ。

  まあ、人間だから調子の良い時もあれば悪い時もあるから、
土を見るのがいやになったからと言って、陶芸を嫌いになった訳でもないし、
この職業を変えようと思った事もない。
(本当は他には何もできないから、変えられないのも事実だが)

  しかしながら「天職」という言葉の響は私にとって重厚で威厳のある
言葉なのだ。だから「はい!陶芸は天職です!」と軽軽しく断言なんて
できない。言うだけなら簡単だけど・・

  「天才」「才能」「才覚」等はある意味生まれ持った「才」の事で
努力したから得られる物では決してない。天職とはこの「才」によって
のみ、意味付けられる言葉なのだ。

  「天職」だったかどうかは、これから先・・・
自分自身の努力と「才」による成果が結果に結び付いた時、
はじめて「天職」だったかどうか判断できると思っている。 

  「やっぱり陶芸が天職だった!!」と言える、そういう日が
くる事を心の底から望んでいる。
「転職しとけばよかった・・」なんてならぬように・・・

2000年9月15日
Categories
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM