<< 第6話 誰だったかな? | main | 第4話 失敗作 >>

第5話 通勤時間

  私の工房は家から7メートルくらい離れた所にあり、
歩いて6秒走って2秒くらいの所にある。
すなわち通勤時間はゼロと言ってもいい。私の友人達は口をそろえて
「いいな〜」と言う。しかし良い事ばかりでは無いのである。

  昔学生の頃、千葉県の柏市に住んでいてバイトで東京まで
毎朝電車に揺られて通った事がある。朝のラッシュは想像以上で
ウォークマンのスイッチを切り替える事すら至難のワザだった。
バイトの間だけの事だから我慢できたが、忍耐力のない私は
これをずーっと続ける事は不可能だと自覚した。
だから、仕事は通勤ラッシュのない仕事に就こうと思った。

  そして現在、確かに通勤時間のない職業に就いているわけだが、
これが良いようで、しかしそれはそれで問題点があるのである。

  絵付けの仕事は家の中でやっているが、気がつくと三日間家の外に
出ていないと言う時もある。つまり誰にも会わない訳だから、
服装はだれているし頭はボサボサ、はっきり言ってかっこよくないのである。
おまけに女房とず〜っと一緒である。朝・昼・晩と一緒に食事をしている。
確かに女房と一緒に食事をとれるのは、めちゃくちゃ嬉しい?????が、
やはりそこは人間である。毎日顔を合わせていると喧嘩もする。
外に仕事で出ていれば顔を合わせなくてすむが、ずーっと一緒だと
これが裏目にでる。

  かと言って全然外に出ない訳でもないので、たまに電車に乗ったり
なんかするとある種の新鮮な感じを受ける。特に女子高生のスカートの
短さには目のやり場に困ってしまうが、それ以外にも身だしなみを
きちんとした人や良い香水の香りがふわぁ〜とした時などは、
今の自分は「このままでは、いかん!」という気持ちになる。

  つまり、通勤時間(人に会う、見られる)がない故に気持ちの
切り替えが無く、ずーっと同じテンションでいる状態に陥りやすいのだ。
誰も見ていないのにおしゃれをするのは至難の技だが、たまにふと鏡を
見て自戒しなければ・・・作品もだれてきてしまう!

  だからと言ってもう一度ラッシュアワーの電車に乗る勇気もない。
通勤時間が無いメリットもたくさんあるのも事実ですから・・・
やれやれ、人間ってなんてわがままなんでしょう?!

                                 
2000年2月15日
Categories
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM